作業療法士の1日の流れは?休日は多い、少ない?

世の中には様々な仕事がありますが、仕事によっては土日出勤が当たり前だったり、残業が当たり前だったりするような仕事も少なくありません。子育て世代や私生活も充実させたいと考えている人は、そのような仕事はできるだけ避けたいものですよね。

作業療法士への転職を考えている人の中には、そのようなことを心配している人もいるかもしれません。そこで今回は作業療法士になるとどのような働き方になるのか見ていきましょう。

作業療法士の業務内容

作業療法士がどのような1日を送っているかを知ることで、実際に作業療法士になった時にどのような働き方になるのかイメージしやすくなります。

作業療法士の1日の業務の流れを見て行きましょう。

8:30~9:00:予定と患者の状態確認

出勤時や送迎の時に患者の状態確認を行います。夜間や前回のリハビリから特に変わったことはないかなどを、夜勤者や本人、その家族に確認してその日行う予定だったリハビリを予定通り行えるか検討します。

仮に患者の体調が悪いなどリハビリを行える状態でない時は、予定していたリハビリを別の日に回したり内容を変更したりなどの対応が必要です。

9:00~11:30:個別・少人数でのリハビリ

病院やデイケアなどの形態を問わずに、多くの施設では午前中は入浴を行うところが多いです。なので、午前中は時間の合間を縫って入浴が終わった人や、入浴がない人を対象に個別・少人数でのリハビリを行います。

13:00~15:00:集団リハビリ

昼食後すぐに入浴することは消化不良を引き起こす可能性があります。また、入浴介助にかかる時間はその時その時で大きく変わることもあり、送迎やスタッフの業務終了時間にも大きな影響を与える可能性があるので、午後に入浴を行う施設は少ないです。なので、この時に多くの患者の参加を見込んで、集団リハビリを行うことが多くなります。

15:00~16:00:カンファレンス

患者の今後のリハビリやケアの方針を検討するカンファレンスは、他の業種の参加も必要です。午前中は入浴介助やその後の処置、外来の対応などで介護職や看護職、医師など他職も忙しいことが多いので、時間の都合がつけやすい午後に行うことが多いです。

16:00~17:30:書類記入

患者へのリハビリは業務時間いっぱいまで行うことはありません。患者の夕食の時間や帰宅の時間を考えて、遅くとも16時までにはリハビリを終えることになります。なのでその後は、記録や計画書などの書類作成を行います。

残業はあるの?

作業療法士の1日の働き方はイメージできたでしょうか?さて、次は作業療法士に残業があるかどうか見ていきます。子供がいる世帯などは特に気になる部分ですね。

時間内に記録ができるところは多くの場合残業なし

患者のリハビリ以外に、計画書などの書類作成も作業療法士の仕事です。書類作成は案外時間がかかるものなので、勤務時間内に書類作成をする時間が設けられていないとすれば、日常的に残業をすることになります。

しかし前述したように、勤務時間いっぱいにリハビリを行うことは滅多にありませんので、多くの施設では勤務時間内に書類作成をする時間があります。そのため、書類で日常的に残業をしなければいけない施設は少ないです。

研修会や話し合いなどは時間外

リハビリ以外の医療福祉職は多くの場合、勤務終了の時間ギリギリまで患者と関わっています。そのため他の職種全員が集まる必要がある研修会などは時間外で行われることが常です。

また業務改善など、毎日のスケジュールとして予定されていないような話し合いも、時間外で集まることが普通です。このような研修会や話し合いがほとんどない施設もありますが、もしある場合は残業があると考えましょう。

自助具の作成などは時間外に行うことが多い

作業療法士は業務の一環として、患者の体の機能を補助する道具である自助具の作成を行います。この作業は日常的に行うことではないだけに、勤務時間内に予定として組み込むことは難しく、時間外で行うことになります。

しかしこれは全ての患者に対して作るものではなく、何度も作るものでもないので、毎日この作業のために残業を行うということではありません。

夜勤はあるの?

さて、作業療法士の残業の実態が分かったところで、次に気になるのは夜勤があるかどうかですね。これも子育て世代や、規則正しい生活を送りたい人にとっては気になる部分です。

基本的に夜勤はなし

作業療法士のメインの仕事はリハビリの計画を立てて、その計画に合わせてリハビリを行うことです。なので患者が寝ている時間である夜間帯は、作業療法士が特別できることはありません。つまり、作業療法士が夜勤をすることはまずありません。

希望すれば働ける

しかし、何も絶対に夜勤ができないわけではありません。中には作業療法士であっても、希望すれば介護枠でアルバイトとして夜勤ができる施設も存在します。

小遣い稼ぎになることはもちろん、夜間の状態を直接見て知ることができるので、他職からの情報だけでは知ることができなかった情報が手に入れられる場合もあります。リハビリの効果を上げるヒントが見つかることなどもあり、より質の高いリハビリの提供にもつながるでしょう。

休みは土日なの?祝日は休める?

子育て世代はもちろんのこと「友達と休みを合わせたい」「毎週連休が欲しい」という理由で土日休みを希望する人もいるでしょう。また休みといえば、平日に祝日が入った時に休めるかどうかも気になるところですね。そんな作業療法士の休日事情も確認してみましょう。

多くの場合土日は休み

作業療法士は多くの場合、土日が休みになります。「世間一般的に土日休みが多いからそれに合わせて」というのも理由の一つですが、土日は患者への面会が増えたり外出したりなどの予定が入りやすいため、スムーズにリハビリを行えないというのも理由の一つです。

回復期や急性期は土日は関係なし

しかし、リハビリが必要になったばかりの急性期や、リハビリの効果が著しい回復期の施設で働く作業療法士は当てはまりません。

この時期に集中的にリハビリを行うことは、その後の回復状況に大きなプラスとなります。つまりこの時期はたった1日でも無駄にはできないため、特別制限がない場合はたとえ土日であろうと集中的なリハビリを行うことが望ましいからです。

なので、急性期や回復期の患者を対象とした施設や病院で働く場合は、土日出勤があることを理解しておきましょう。

平日の祝日に休めるかどうかは施設によってまちまち

平日に祝日がかぶった場合も、急性期や回復期の施設では前述したような理由から、必ず休みがもらえるとは限りません。また、祝日出勤があるのは急性期や回復期の人を対象とした病院や施設だけではありません。土日休みであっても祝日稼働しているデイサービスなどの事業所は意外にたくさんありますので、そのような所では祝日出勤の可能性があります。

もちろん祝日稼働しない所であれば祝日出勤はあり得ないので、確実に祝日休みが欲しい場合はそのような所の募集を探しましょう。

夏休みや年末年始は休めるの?

休みに関して気になるのは祝日だけではありませんね。正月休みなどについても考える必要があります。このような部分は求人票を見ただけではわからないことも多いので、実際はどうなっているのか見ていきましょう。

年末年始は休める

正月は家で過ごす患者や、面会者も非常に多くなるので計画通りにリハビリを行うことが難しくなります。そうでなくても「正月はゆっくりしたい」という気持ちの人も多いので、わざわざそのような時にリハビリを行うことはベターとは言えません。なのでそれに合わせ、正月は作業療法士も休みになることが多いです。

夏休みはないが夏期休暇やお盆休みは取れる

では、子供が家にずっといる夏休み期間中、子供のことが心配だから自分も夏休みを取りたいという場合はどうなのでしょうか。仮にこれを行なってしまうと、リハビリ職が長期間足りない状況となる可能性もあり、最悪の場合は患者のリハビリ状況に影響を与えることも考えられます。

なので、夏休みの間にしっかり休みを取れる施設というのは、よほど人手が足りているところ以外ではあり得ないでしょう。

しかし、何もこの時期に全く長期の休みが取れないということではありません。面会者が増えたり家に帰ったりする人が増えるお盆期間中は、予定通りのリハビリが難しくなるので休みが取れる所が多くなります。また通常の休日とは別に、1~2日程度の夏期休暇を用意してくれる施設も珍しくはありません。

ただしもちろん回復期や急性期は関係なし

お盆や年末年始は休めると言いましたが、毎日のリハビリが非常に重要な意味を持つ急性期や回復期で働いている人はもちろん上記のようにはいきません。年末年始に出勤なんてことも十分あり得ます。しかし、年末年始やお盆などに出勤した分は他の日に休みがもらえたりする場合もあります。

作業療法士の働き方は施設によって異なる部分も多いですが、施設形態でおおよその働き方を予測できる部分も数多くありました。今回の記事を参考にすれば、実際に作業療法士として職場を探す際に「休日が多い」「残業なし」など理想の働き方ができる施設を見つける手助けになるでしょう。